fbpx

ジョーンズデイリーファームの
Porktober Fest 2021がコストコで開催

10/22〜24の山梨ベーコンフェスティバルは新型コロナウイルス感染症予防のため、中止となりました。

ジョーンズデイリーファームのポークトーバーフェストが国内のコストコ7店舗にて順次開催されます。スペシャルイベントや、このフェスティバル限定の無料サンプル、コストコならではの割引価格など盛りだくさんの内容です。

ジョーンズデイリーファームによるポークトーバーフェストは10月~11月にかけて下記のコストコ店舗で開催されます

10/4~10/8 野々市店(石川県)
10/11~10/15 射水店(富山県)
10/25~29 かみのやま店(山形県)
11/1~11/5 石狩店(北海道)
11/10~11/14 木更津店(千葉県)
11/17~11/21 ひたちなか店(茨城県)
11/24~11/28 富谷店(宮城県)

山梨ベーコンフェスティバルの歴史

このフェスティバルは、アメリカンポークに親しむことを目的として山梨県にて開催されています。その始まりは、1960年に山梨県とアイオワ州が姉妹締結した時にさかのぼります。この前年の1959年、山梨県はわずか1ヶ月足らずの間に2つの台風に見舞われ、大きな被害を受けました。当時山梨県に住んでいたアイオワ州出身のアメリカ空軍曹長リチャード・トーマスは、山梨県の畜産業への復興支援のためアメリカから物資を空輸することを申し入れました。アイオワ州の農場経営者たちから35頭の種豚とトウモロコシ1500トンが集められ、全てアメリカ空軍の手によって山梨県へ輸送されました。これがきっかけとなって1960年に日本とアメリカの地域間では初めての姉妹州県関係が結ばれ、それ以来数多くの経済・教育関連の活動が両地域の間で行われてきました。35頭の種豚は1962年までの間に500頭あまりの頭数に増加しましたが、現在の日本国内での食用豚のほとんどがこの最初の35頭の血統を受け継いでいると言われています。
山梨県はアイオワ州によるこの食用豚支援に感謝し、同州との更なる親善を目指して毎年山梨ベーコンフェスティバルを開催してきました。このフェスティバル2008年に開始したアイオワ州のブルーリボンフェスティバルと甲府市の国際青年会議所(JCIK)が共同で行なっています。初年度の開催以降規模は倍以上に増え、現在では毎年2日間の開催で2万5千人以上の来場者を集めています。

どんなフェスティバル?


フェスティバルの主なハイライトはライブイベント、ジョーンズデイリーファーム提供のベーコンのサンプル配布、地元の20以上のレストランによるベーコン料理、ベーコンイーティングコンテスト、ベーコンクイーンコンテストなどです

2021年の山梨ベーコンフェスティバルは急遽新型コロナウイルス感染症予防のため、中止となりました。

国内各地のコストコにて、ジョーンズデイリーファームとポークトーバーフェストをお見逃しなく!

10/4~10/8 野々市店(石川県)
10/11~10/15 射水店(富山県)
10/25~29 かみのやま店(山形県)
11/1~11/5 石狩店(北海道)
11/10~11/14 木更津店(千葉県)
11/17~11/21 ひたちなか店(茨城県)
11/24~11/28 富谷店(宮城県)

※COVID-19の影響により、日程は変更となる場合がございます。

一覧へ戻る