fbpx

「ターキーベーコン」と「ドライエイジベーコン」 その違いは?製法から栄養成分のキーポイント、その他にいたるまで2つの商品を1スライス単位で詳しく比較します

「ターキーベーコン」と「ドライエイジベーコン」 その違いは?

ジョーンズデイリーファームの「無塩せき ターキーベーコン」は全国のコストコ店舗にてお求めいただけます。 お店でこちらの商品を手にしたとき、「ターキーベーコンと豚肉ベーコンの違いは何だろう?」とお思いになるかもしれません。

この記事では、ジョーンズの無塩せき ターキーベーコンと受賞歴を持つドライエイジベーコンの2つについて、製造工程から栄養成分のデータその他にいたるまで、その違いを見て行きます。それらの違いについて見た後は、レシピのページにてそれぞれの商品に最適なお料理のアイデアについてもご覧ください。

こちらもあわせてお読みください: 「無塩せき」とは?通常のベーコンと「無塩せき」ベーコンの違いについて

ターキーベーコンとドライエイジベーコン—それぞれの製法について

ジョーンズデイリーファームの無塩せき ターキーベーコンは、七面鳥の肉を細かくミンチにし調味料を加えた後、「ハラ肉」として成形した加工肉食品です。ウィスコンシン州フォートアトキンソンにあるジョーンズデイリーファームの工場では、無塩せき ターキーベーコンを天然のサクラチップでじっくりと燻製しています。その後スライスされた「ハラ肉」は、1枚1枚が他のブランドには真似のできないスモーキーで本物の風味を持っています。

ジョーンズのドライエイジベーコンは、柔らかく味わい豊かな脂肪分を持つセンターカットの豚バラ肉を手切りして作られます。手切りした豚バラ肉はジョーンズ一家により作られた、1世紀の歴史のあるブライン液を用いて「塩せき」の加工を施された後、小さな束に分けられ天然のサクラチップの上で最大12時間かけてじっくり燻製されます。最後にこのベーコンは特別な熟成室で最大1か月かけて乾燥熟成され(ドライエイジ加工)、優れた風味のベーコンとして完成します。

ジョーンズの無塩せき ターキーベーコンとドライエイジベーコンはどちらもグルテンフリー認証済み、MSG(グルタミン酸ナトリウム)不使用の上、米国農務省(USDA)指定の8大食物アレルゲンも含んでいません。

Jones-Corporate-Office
ウィスコンシン州フォートアトキンソンにあるジョーンズの製造工場ではジョーンズデイリーファームの全商品の製造を行なっています。こちらの記事にて、ブランドのロゴマークにも用いられている、ジョーンズのシンボル的存在の農場家屋も含めた全施設の見学の様子がお読み頂けます。

栄養成分とカロリー

ターキーベーコンと従来の豚肉ベーコンの一番のちがいは、ターキーベーコンの方が豚肉から作られたベーコンより低カロリーで脂肪分が少ないということです。

以下は、ジョーンズの無塩せき ターキーベーコンとドライエイジベーコンの1スライスあたりの栄養成分を比較したものです。

無塩せき ターキーベーコン(1スライスあたり15g) ドライエイジベーコン(炒めた1スライスあたり9g)
カロリー:30kCal カロリー:50kCal
総脂質:1.5g 総脂質:4g
たんぱく質:3g たんぱく質:3g

栄養成分についての詳細情報は商品一覧ページをご覧ください。

加熱調理済みと生のちがい—ターキーベーコンとドライエイジベーコンのご家庭での調理について

通常の豚肉ベーコンと同様にジョーンズのドライエイジベーコンは生の商品のため、お召し上がりいただく前に加熱調理する必要があります。一方ジョーンズのターキーベーコンは加熱調理済みの商品ですので、パッケージから出してほとんど加熱調理する手間をかけずにお召し上がりいただけます。

どちらの商品も電子レンジ、オーブン、もしくはフライパンで15分未満加熱していただくことで、ご家庭でのお料理に簡単かつ便利にご利用していただけます。調理時間や使い方の詳細は商品一覧をご覧ください。

ジョーンズのドライエイジベーコン
ジョーンズのドライエイジベーコン(上の写真)はフライパンを使い、中火で3分~6分加熱してください。

ターキーベーコンは豚肉ベーコンと味わいは異なるのでしょうか?

ターキーベーコンと豚肉のベーコンは全く違った食肉から作られているため、味や食感は異なります。

ジョーンズのドライエイジベーコンは豚バラ肉から作られており、この部位は脂肪分を豊富に含むため、塩味の効いた、お肉として噛み応えがある食感となっています。一方ジョーンズデイリーファームの無塩せき ターキーベーコンはもも肉から作られており、豚肉よりも脂肪分が大幅に少ないですが、豚肉のベーコンの食感に近くなるように成形されています。

ジョーンズデイリーファームでは無塩せき ターキーベーコンとドライエイジベーコンのどちらも、小さな束に分けた上で天然のサクラチップの上で時間をかけて燻製しており、スモーキーで豊かな本物の味わいを常にお楽しみいただけます。

ユーチューバーのマツケンさん(MatsukennVlog)のよる、無塩せき ターキーベーコンの商品レビューを下記のリンクよりご覧いただけます。

無塩せき ターキーベーコンとドライエイジベーコンはどこで購入できますか?

ジョーンズデイリーファームの商品は、国内ではコストコ店舗でのみお求めいただけます。お近くの店舗については 取扱店舗にてご覧ください。

こちらもあわせてお読みください:

一覧へ戻る